コールセンターについて

インターネットの接続方法がわからなくなったり、購入した商品の故障などで問い合わせの電話をする場合があります。そういった時に窓口で丁寧に説明をしてくれるのが、コールセンターのスタッフです。一般的に電話の窓口として有名なコールセンターですが、その業務内容は様々です。

一口にコールセンター業務といってもただ電話を取り、お客様の要望や質問に答えるだけではありません。またコールセンター業務はインバウンドとアウトバウンドという種類があります。これは企業によって決まってます。インバウント業務の代表的な業務は、製品のテクニカルサポートセンターやお客様相談窓口などです。すべてお客様からの電話を受けるのが仕事となります。対してアウトバウント業務とは、コールセンターからお客様へ積極的に電話をしていくのが仕事です。アウトバウント業務の代表例としてはクレジットカードローンなどの支払いを滞納している方や国民年金の滞納者へ督促の電話をかける仕事があります。アウトバウント業務は精神力や忍耐力が求められる業務でもあります。

コールセンターの業務はほとんどが電話対応となります。そのため顔の見えないお客様との一対一で対話しなければなりません。丁寧な言葉遣いや、お客様の質問に対して瞬時に理解できる頭の回転の速さも大切になってきます。 当サイトでは、コールセンターで働くメリットやコールセンターの資格についてご紹介。コールセンターで働きたいとお考えの皆様に、少しでも有益な情報を提供できれば幸いです。

◇PICK UP
インバウンドとアウトバウンドのどちらも行っているコールセンター業者のサイトです・・・コールセンター業者